スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- | スポンサー広告
第22回屋形船
10月24日 日曜日は毎年恒例の母の店主催の屋形船。

今年は母が夏に入院していたために、1カ月半ほどずれて10月に開催

今回が22回目
ということは一番上の甥っ子が生まれた年から行われているということです。
その甥っ子もほぼ毎年参加し、その弟はその6年後にうまれ、こちらもほぼ毎年参加。
途中プレゼントタイムではマイクを持って仕切ったりして、叔母の私も感慨ひとしお。

うちの娘だって0歳のときは生後1か月もたっていなかったから、
無理だったけど、1歳からは参加してもう3回目。

参加者のお客様たちもどんどんおじいちゃんに。

22年も経てば当然その間に新しい命にバトンタッチされていくわけです。
うちの父も途中から参加できなくなり、うちの娘が引き継いでいます。

よっちも独身の頃から参加し続けてくれてありがたい限りです。
子どもの出産で2回お休み以外はずっと来てくれています。
毎回踊りを踊ってくれたり(娘のNちゃんにも受け継がれています)
なんだかんだと楽しんでくれていて私も嬉しいです。

わさわさ大騒ぎの宴ですが、母が元気でいればこその宴ですからありがたいです。
毎年恒例の踊り
DSC00786[2]


これも毎年恒例の子どもの参加
DSC00763[1]


子供も大騒ぎの中で疲れるけど、かもめが近くで見れたり、花火や観覧車が東京湾側から見れたり
楽しんでいたようでした。

ここ2年は夫が出張で参加できていないので、来年は参加できるといいな~。
スポンサーサイト
2010-10-26 23:24 | ■家族 | Comment(0) | Trackback(0)
Comment
コメントを書く
#

管理者にだけ表示
Trackback
Trackbak URL:http://cafe47.blog76.fc2.com/tb.php/229-2d8ffb2e
10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。