スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- | スポンサー広告
入院
娘の出産時は病院に着くまでに間に合わず
車の中で出産してしまうという
アクシデントがあったため、
今回は病院産む事を目標にしていました(^m^)


夫の出張中はベビが出て来ないように1週間安静に過してきた私。
夫が戻ってきたからにはいつ出て来ても良いわけだし、
そうなると私とっては安静にしている理由もない。
せっかちな私はもう、産むことで頭がいっぱい!
早くこの大きいお腹と重いカラダをスッキリさせたい気持ちが急く。
だから、23日に夫が、代休をもらったので、
間夏物のスーツのパンツがダメになってしまった夫の
スーツでも買いがてらイクスピアリでランチでもしようか?
と気分転換にお出掛け。
イタリアンでランチを食べ、
娘のいない夫婦の贅沢な時間を楽しみ、買い物へ。
SHOPの変なスタッフのうるさい変な接客に
仏のテルが珍しく嫌がり、店を替えてスーツを買い、
裾上げが終わるまでの1時間半位をお茶でもする事にして、休憩。
初めは贅沢に感じた娘なしの時間も少しすると、
物足りなくなりさみしい。
夫と「早く会いたくなってきたから早めにお迎えに行こうね♪」
なんて話をしながら、食品の買い物に。
久々に歩き回った私は結構しんどくなってきて、お腹もハリハリ。
先に車に戻り休むことに。

車で待つ間も定期的にお腹が張るので、帰りに念のため
病院に電話をすると様子をみせにきてください!とのこと。
内診してもらうと子宮口はそんなに開いていないけど、
頭が固定されているので陣痛がきたら出てしまうから
とそのまま入院になりました。
明日までに陣痛が来ないなら促進剤で
陣痛を起こして産ませましょう!

と、いうことで入院し、出産に備えることになりました。
前回娘の時は超スピード出産で安産だったため、
病院で産めさえすれば出産は楽勝!!と思っていたため
不安より喜びの気持ちで、入院を迎えました。

娘も保育園が終わってからきてくれて、娘の顔も見れたし
IMG_4009.jpg
明日には息子にも会えると思うと興奮して、
全然寝付けぬ夜でした。
スポンサーサイト
2012-05-23 23:45 | ■からだ | Comment(0) | Trackback(0)
Comment
コメントを書く
#

管理者にだけ表示
Trackback
Trackbak URL:http://cafe47.blog76.fc2.com/tb.php/432-3592cea3
10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。