スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- | スポンサー広告
面接
仕事で面接をすることがしばしば。

本日も面接。

初めは昨日の予約だったのが変更希望で電話が入る。
電話を変わると「火曜日の17時はどうですか?」と言われる。
私「16時は難しいですか?」 「難しいです。」
私「では16時半は?」 「無理です。」
私「では17時前で他に来られる日はありますか?」 「今仕事しているんで・・・」
私「お仕事はいつまでやられているのですか?」 「15日です」
私「ではそれ以降でいかがですか?」 「それ以降は用事があるので。」
私「??無理ですか?」 「じゃあ、16時半で良いです。」

どうでしょう?
こんなのって?って思いながら本日の面接。

ちゃんと時間にはいらっしゃいました。

でも驚くほど上から目線。
質問すると、声も小さく「どういうことですか?」とか「それは答える必要あります?」
長く満足して働いていただくために、大事なお客様を任せる上で、
上手く協調できるかを見極めるために質問は全てに意味があるのですよ。

私は今までにかなりの人数の面接をしてきましたが面接でこんなにも
ムカッとしたのは初めての経験。

仕事を何だと思っているのか?
私たちの仕事は接客業。
お客様の前でだけ良い顔をしていたって、それは伝わってしまう職業です。

いろいろな意味で考えさせられました。


写真は全く関係ないですが、屋形船で東京音頭で踊りまくる娘
これでクールダウンしよう。
DSC07433.jpg



スポンサーサイト
2009-09-08 21:31 | ■仕事 | Comment(0) | Trackback(0)
Comment
コメントを書く
#

管理者にだけ表示
Trackback
Trackbak URL:http://cafe47.blog76.fc2.com/tb.php/51-9561d1d7
04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。